1. TOP
  2. 潜在意識
  3. 言霊のパワー、自分の中のコップを清水(言葉)で満たす!

言霊のパワー、自分の中のコップを清水(言葉)で満たす!

 2019/07/07 潜在意識  

ブログをご訪問くださり、ありがとうございます。

 

ブログの管理人Tracy(トレーシー)です。

今日は私が夫と二人で実行している、簡単な潜在意識の書き換え方の一つをご紹介します。

それは、言葉を変えることです。

言葉は言霊。

自分の発する言葉が自分を支配して、自分の世界を形成するのです。

自分の発する言葉に相応しいエネルギーが言葉通りの現実を引き起こします・・・・これが私の到達した

真実です。

言葉は意思伝達の手段に過ぎないのか

私はかつて、言葉は思考や意思を表現するための手段に過ぎないと考えていました。

たしかに、どういう言葉を選択するかで思考や意思の受け取られ方は変わるものの、

表現したい内容そのものに選んだ言葉が影響を及ぼすとは考えてはいませんでした。

その意味では、初めに思考ありき、と考えていたと言えます。

顕在意識の働きに関して言えば、この考え方は必ずしも間違いではないと今でも思います。

まず、自分が思考して、一定の結論を導き、それを表現するための手段が言葉という訳です。

先に思考があるのであって、言葉は後から思考を説明するための道具としての役割を果たします。

思いが先か、言葉が先か

ところが、潜在意識のことを学ぶようになって。この言葉と思考の関係は妥当しないのではないかと

考えるようになりました。

潜在意識とは人間の意識のうちで自覚的に意識できない意識を言います。

それに対して、自覚的に意識できるのは顕在意識で、これは私たちが普段意識している自分

あるいは自分の意識や認識のことです。

潜在意識は自分の過去からの経験を全てストックしている書庫のようなものです。

そこでストックされているのは自分の過去に経験した事実、というより事実が生じたときに感じた感情を

主に保存しているようです。

その意味では、潜在意識は過去に感じた感情の記憶とも言えるでしょう。

そして、潜在意識はいつも私たちを危険から守ろうとして働いてくれています。

そんな潜在意識には私たちが普段発する言葉と現実を区別することはできず、私たちの発した言葉が

私たちの瀕する現実のものと判断して、それを現実化しようと様々な情報を集めてきます。

(この時に中心となって働くのが脳のRASの機能ですが、これについては別な記事をご参照ください。)

潜在意識は、私たちが口にする言葉が深い意図や決断の下に発せられたものか、そ

れとも何気なく口にされたものかの区別はしません。

ただ、発せられた言葉を現実化しようとしているだけなのです。

ですから、私たちが思考した結果、この世は残酷で、無慈悲であると結論付け、それを言葉にすれば、

潜在意識は世界がその言葉通りであるという証拠を目の前に集めてきます。

それとは逆に、私たちがこの世は慈悲と善意に満ちており、周囲には優しい人ばかりがいると考え、

そのような言葉を発すれば、潜在意識はその言葉の証拠となるような現実を目の前に集めてきます。

では、普段から否定的な言葉を発することが癖になっている場合はどうでしょうか?

発せられた否定的な言葉どおりの現実がその人を取り囲みます。

そして、やはり世の中は否定的な出来事で満ち溢れていると再確認させられることになるのです。

そうすると、自分の置かれた環境やこの世の中の在り方について、ポジティブな思考をして、

ポジティブな結論を出し、ポジティブな言葉を発すれば、潜在意識は言葉どおりのポジティブな

現実を見つけ出してきます。これはある意味当然かもしれません。

しかしながら、物事について先に何らの思考もせずに、ただポジティブな言葉を口にするだけでも、

潜在意識は発せられたとおりのポジティブな現実を見つけ出してきます。

そうすると、言葉を発する背景にそれを裏付けるような思考や思いがあってもなくても、

口にした言葉どおりの現実が私たちを取り囲むようになるということです。

それは、潜在意識があなたの言葉から集めてくる情報に純粋にただ従っているだけだからなのです。

つまり、心で思っていてもいなくてもいいのです。

ただ言葉を言うだけで違いが生じるのです。

その意味では、初めてに言葉ありきなのです。

天国言葉を唱えると

私がこの潜在意識と言葉の関係について知ったのは、今から約1年前のことでした。

実業家の斎藤一人さんが『ついてる』という言葉を呪文のように唱えると、唱えた言葉をもう一度

言いたくなるような出来事が起こるという話をしているのを耳にして、嘘か誠が実験してみることにしたのです。

一人さん曰く、『ついてる』という言葉は世界中の『ついてる』電波を集めるアンテナのような働きをしてくれる

のだと仰っていました。

ですから、起こったことの善し悪しに拘わらず、とにかく『ついてる』と考えて、何があっても『ついてる』と

言い続けてみたのです。

その結果は凄いものがありました。

『ついてる』ともう一度いいたくなるような出来事が自分の周りに起こってきたのです。

出来事によっては、最初は『なんてついてない』と思うようなことも起こりました。

それでは、『もっと酷いことにも成り得たのだから、それに比べれば、ついてるな。』と自分に

言い聞かせたような時もありました。

しかし、そのような出来事でも、時間が経つと『ついてる』ことであったことが判明したのです。

たとえば、新築の賃貸マンションに入居しようとしたところ、貸し主の事情で直前に入居が出来なくなり、

思わず『ついてない』と言いそうになることがありました。

それでも、きっとこれは何かが隠れているのだろうと思い直して、『ついてる』と貸し主を責めたり、

仲介業者に不満を言ったりせずに、前の住まいのオーナーに頭を下げて再契約をお願いしたところ、

数ヶ月後に急に分譲マンションを購入することが実現することになりました。

毎月の支出は賃貸マンションとほぼ変わらないのですが、よりグレードの高いマンションを賃貸ではなく

購入することになったのです。

その時期は、前の賃貸マンションに引っ越していたならば購入はできなかった時期に来た話でしたので、

これは、『ついてる』としか言いようがありませんでした。

これはほんの一例で、『ついている』と言い始めてから、『ついてる』ことが頻繁に起こるようになりました。

このことから、言葉がもつ威力、特に潜在意識へ及ぼす影響というもを実感し、これを活用することで本当に

自分が望む自分になれること、そして、自分の人生の舵を取りこともやがてが可能になるのだということ

感じています。

潜在意識のコップに入れる言葉があなたの世界を創る

潜在意識はあなたが発する言葉があなたの現実であるとして、それを現実化していると書きました。

あなたの言葉が沢山詰まったコップがあなたの中に存在すると仮定しましょう。

そうすると、そのコップをどんな言葉で満たすのかが、あなたの現実を創造している

ということになります。

良い言葉で満たせば、良い現実があなたに実現します。

悪い、ネガティブな言葉で満たせば、悪い、ネガティブな現実があなたに実現します。

もし、今、その時の気分に関係なく、常に良い言葉を発しているのであれば、きっとあなたの現実は

明るくて楽しいものでしょう。

しかし、そうではなく、あなたの現実があまり望むようでないとしたら、ご自分の言葉を見直してください。

そして、ネガティブな言葉を発することを止めて、心になくてもいいので、良い言葉を発しましょう!

思いは伴わなくてもいいのです。

潜在意識は善悪の判断などしないのです。

そもそも潜在意識は判断するのではなく、あなたの言葉をあなたのために現実化してくれるだけなのです。

コップに泥水が入っていても、きれいな水を一滴ずつ入れれば、ほんの少しずつですが、

コップの中は泥水が減って、きれいな水に代わってくれます。

そして、やがてはきれいな水だけになります。

心のコップも同じです。

これまで悪い、暗い、ネガティブな言葉ばかり発していたのなら、

今日からポジティブな言葉で置き換えましょう!

毎日呪文のように唱え続けたら、きっとあなたの現実に変化が訪れます。

そして、変化した現実はあなたの人生をこれまでとは全く違う方向へ導いて行ってくれるはずです。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

\ SNSでシェアしよう! /

The Missing Piece~潜在意識の書換えで思い通りの人生を生きる方法~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The Missing Piece~潜在意識の書換えで思い通りの人生を生きる方法~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

関連記事

  • 潜在意識を書き換えて、理想の自分になる方法

  • 潜在意識を書き換える有効な方法、Psych-Kとは?

  • 潜在意識を書き換える効果的なアファメーション(脳波を利用する)