1. TOP
  2. 願望実現
  3. 食事の仕方を変えると生活の質が向上する!

食事の仕方を変えると生活の質が向上する!

 2019/07/05 願望実現  

ブログをご訪問くださり、ありがとうございます。

ブログの管理人Tracy(トレーシー)です。ブログを訪問してくださり、ありがとうございます!

あなたは、午後ランチの後で突然睡魔に襲われることはないでしょうか?

食事を摂った後、身体がだるくなったり、横になりたくなったり、眠くなるなどの症状の多くは、食事性低血圧が原因とされています。

これは、食事をとった後で、食べた食物が低血圧を引き起こす症状で、その原因としては、高血圧や糖尿病などの病気である場合もありますが、病気でない場合にもよくあることです。

病気でない場合に起こるのは、実は、食物中に含まれる炭水化物(ブドウ糖、アルコール、デンプンなど)が直接的な原因と考えられています。

職場で眠くなるのはちょっとした不都合ですが、身体の内部では実はもっと深刻な問題が発生している可能性があるのです。

それは、血糖値スパイクが起こっているのです。

血糖値スパイクの影響

「血糖値スパイク」とは何でしょうか?

『血糖値スパイク』とは、最近よく耳にするようになった言葉ですが、これは食事の後、通常緩やかに上昇するはずの血糖値が、なんらかの原因で急激に変動する状態をいいます。

グラフにすると、スパイク(=くぎ)のように尖った線を描くので、『血糖値スパイク』と名付けられたそうです。

ただ、血糖値スパイクの症状があっても、血糖値は時間がたつと正常値に戻るため、通常の糖尿病の診断時に測定されるように、空腹時の血糖値を測定されると、実は糖尿病に罹患しているのに、その異変に気付かないまま放置されてしまわれるという、ある意味で危険な状態です。

血糖値スパイクが頻繁に起こると、急激な血糖値の上昇が有害物質の活性酸素を発生させ、血管を傷つけるということが起こります。

そして、血管は、その傷を修復する働きで内側の壁が厚く硬くなり、血栓で血管が詰まりやすくなってしまうことがあります。

その場合には、血栓が詰まる位置が心臓に栄養を供給する血管の場合には心筋梗塞に、血栓が詰まる位置が脳の血管なら脳梗塞を発症する危険性が高まってしまうということになりかねません。

これは、あくまで予備軍とはいえ、この食事の習慣を続けていくことで血管を非常に脆い状態にしてしまうので、年齢が上がっていくに伴い、是非とも改善したい状態ですね。

 血糖値スパイクは誰にも起こりうる

最初にも触れましたが、血糖値スパイクを生じさせる原因は特定の疾患の場合もありえますが、直接的には炭水化物の摂取が原因だと言われています。

特に早食いや大食いの場合にはこの傾向は顕著となります。

そうすると、お昼にスパゲティーやうどん、大盛ライスなどを何の意識もせずに食べると、食後に血糖値スパイクを起こしている可能性大です。

そして、襲ってくる眠気を食後のコーヒーで緩和しただけでは済まされない事態が体内で発生している心配も否めないかもしれません。

10代や20代の血液がさらさらの時代には特に問題がなかった食事の習慣ですが、30代から40代、そして50代から60代と人生を進んで行くに連れて、この食事の習慣を徐々に炭水化物の摂取を意識するように変えていく必要があるといえます。

特に接待が多い営業職の場合には、食事に意識を向けることが長く仕事を続けるためにも不可欠と言えそうです。

血糖値スパイクを回避して血糖値をコントロールできたら・・・

そこで、糖尿病や血糖値スパイクと診断される前に、飽食の時代と呼ばれる現代社会にに生きる私たちが今最も注意を向けるべきなのは、毎日の食生活の見直しです。

あなたも、一日の食事のメニューを振り返ってみませんか。

朝は甘いパンに果物とヨーグルト、コーヒー。

昼食は、ランチのスパとミニサラダとコーヒーのセット。

夕食は、ラーメンと餃子とビール。こんなメニューではありませんか?

実はこれはかつての私の定番のメニューです。20代の頃です。

朝は軽めにしてランチ、夕食と段々と重くなっていくメニューです。

夕方仕事を終えて、友達とおしゃべりしながらビールと餃子で乾杯!なんて感じでよく食べていました。

お酒が進むとその後でお寿司屋さんにも寄って、にぎりを一人前なんてペロリと食べていました。

しかし、このメニューの中心となるのは、パン、スパゲティー、ラーメンとお寿司とすべて炭水化物です。

これでは、明らかに炭水化物、すなわち糖質の過剰摂取という状態です。

もちろん、あなたが10代若しくは20代前半の『いくら食べてもお腹が空く』時代にあるのであればそれほど悩むことはありません。この先を読む必要すらありません。

しかし、あなたが40歳以降であれば、この先もお読みいただくことをお薦めします。

糖質は血糖値を急激に上げます。

血糖値の上昇に反応して膵臓からインスリンが分泌されますが、これが度を超すと膵臓の機能を低下させ、インスリンの分泌量が低下し、やがては分泌ができなくなります。

このような状態に至れば糖尿病と診断されることになります。

糖尿病が怖い病気とされる理由は、それが血管を傷つけることから多くの合併症に繋がるからです。

代表的なものとして腎臓病、心筋梗塞を引き起こす高血圧症、脳梗塞、視力の低下や失明、指先などの壊死など最終段階において極めて深刻な事態に陥る危険性をはらんでいます。

このような危険性をはらむ糖質の過剰摂取をできるだけ早期に止めて、健康で美しくいるためには年齢を問わず、少なくとも40歳を過ぎたころからは糖質を意識した食事が大切です。

一般には糖質制限と言われていますが、お米、小麦粉などの炭水化物や砂糖の入った食品をできるだけ摂取しないように意識して、これまでの食事でお米や小麦粉を使っていた料理も、タンパク質の多く含まれるお豆腐や納豆、チーズなどで代替できる場合には積極的に置き換えていくことで血糖値スパイクを起こさない健康的な食生活に改善していくことが可能なのです。

また、食事の仕方に少し気を向けることで、同じ内容の食事でも血糖値の急上昇を抑制できる食べ方や栄養の摂取方法もありますので、参考にしていただければ幸いです。

糖質制限と血糖値のコントロール

糖質はほぼあらゆる食品に含有されていますので、全く糖質、すなわち炭水化物や糖類を摂取しないように

することは困難ですし、炭水化物も必須栄養素の一つですから、すべての炭水化物を排除する必要はないと

私は考えています。

ただ、炭水化物や糖類を含む甘いものは食べやすいのでどうしても生活の中で過剰摂取となりがちです。

そこで、その見直しをまず始めてみてはどうでしょうか。

例えば、3回の食事のうちから1回は炭水化物なしにしてみるところから始めてみてはどうでしょうか。

ランチをチキンサラダにするとか、夕食のご飯を抜いていみるとかがお薦めです。

そして、食事の時の食べ方、特に食べる順番にも血糖値スパイクを起こりにくくするためのコツがあります。

日本人は、おかずを口にするとすぐにご飯をひとくち食べて、一緒に混ぜ合わせて食べるという食べ方をする人が多いようです。

これは日本人特有の食べ方で、口中調味というそうです。

この食べ方は美味しいので、私もかつてはそうでした。

しかし、この食べ方だと、ご飯という炭水化物を多く含む食品が先に胃に到達することになります。

これでは血糖値が上がりやすく、血糖値スパイクを起こしやすいのでお薦めできません。

先ずは、野菜から手を付けてそれを食べ切ってから他のおかずに行くという、ベジタブル・ファーストがお薦めです。

こうすることで小腸に栄養吸収のクッションとなる膜のような状態ができ、炭水化物が消化されたブドウ糖の吸収を緩やかにしてくれるので、血糖値スパイクが起こりにくくなります。

次にタンパク質を多く含む肉や魚のおかずを食べます。

そして、最後に炭水化物を多く含むご飯や麺類を食べるという順番で食事をすることで、同じ食事でも糖質の身体への影響を最小限にすることができるようになります。

小さなことですが、毎日のことなので意識するだけでも違いが出てくると思います。

そして、できるだけ空腹の時間を長く作らない方が血糖値スパイクの防止には良いようです。

なぜならば、空腹の時間が長く続くと血糖値が下がり過ぎてしまう危険があるからです。

そして、その後に急に血糖値が上がるような食事をすることで血糖値スパイクが起こることになります。

ですから、できれば1日3食がお薦めのようですが、時間の都合や仕事の関係で1日2食の方でも、抜く1食の時間にタンパク質の多いチーズやナッツなどを食べたりすると良いでしょう。

それから間食に甘いものだけというのは、直ちに血糖値スパイクが起こる危険があるので、できるだけ回避したいものです。

もし、どうしても甘いものが食べたいのであれば、先にチーズとかナッツなどを食べてから食べる方が良いでしょう。

甘いものは糖質を多く含み、特に砂糖は依存性もあるのでできれば摂取しない方が良いと言われています。

私も実は甘いものが好きな方で、全く甘いものを食べていないと言えば嘘になります。

どうして甘いものをも食べたいときは、食事のあとがお薦めです。

これだと既に血糖値が食事により上昇しているので、それにさらにカロリーが加わるだけなのですが、おやつの甘いものは血糖値を急激に上げるので、血糖値スパイクを引き起こします。

ですから、これはできるだけ避けたいものです。

糖質制限をやってみたら夫婦でハッピーになった体験・・思わぬ副産物が!

私の夫がある日、突然に『ダイエットしたい』と言い出しました。

夫は、身長も181センチメートルあり、体重は昔は70kgだったそうなのですが、私が知る限り86kg前後というところで、よく食べよく寝るので冬になるといつも90kgに限りなく接近していたように記憶しております。

それが急にダイエットと言い始めたのは、春先にRight Onというジーンズショップに買い物に行ったときのことがきっかけかと思います。

そこで売っている最大のサイズのパンツでもウエストがきつくて買えなかったのです。

それ以降は、そろそろ『大きなサイズ』専門店を探そうかと考え始めていた頃でした。

夫のリクエストを受けて、私がすぐに考えたのは糖質制限ダイエットでした。

糖質制限が必要だということは、私の父が3年前に糖尿病から来る脳梗塞で亡くなっており、糖尿病の怖さも血糖値コントロールの必要性も父の最後の様子を見ていて実感していたからです。

それで、書店で適当な本はないものかと探したところ、管理栄養士の麻生れいみさんの書いた『20kgやせた!麻生式ダイエット1週間チャレンジ』という本を見つけました。

ご本人が65kgから45kgまで痩せた体験を元に糖質制限の簡単な理論と実践のためのレシピを多く掲載した分かりやすい本でした。

麻生式の本のとおりに1週間の食事を糖質を厳格に制限して作ってみました。

夫のダイエット前の身長、体重、体組成はこんな状態でした。

それが、麻生式に従って1週間の糖質制限をした結果はこうでした。

体重は約2kg落ち、体脂肪率も0.5パーセント低下しています。

全体の評価はまだ『肥満型』でした。それほど大きな変化は見られませんでしたが、夫は気分的にはなんだかすっきりしたと言っていました。

2週目からは緩やかな糖質制限ということで、少しずつ糖質の摂取量を増やしていきました。

4月下旬のデータでは体重が4kg減少し、体脂肪率も約3パーセント低下しています。

そして、全体の評価が『標準』となっていたことから、夫は『肥満を脱した!』と大喜びでした。

この頃から、ウエストがぐっと細くなってきたことが自覚されるようになりました。

以前に太り過ぎて入らなくなっていた夏の白いデニムのパンツが入るようにもなってきました。

それから更に2か月と少し経過したデータです。

体重が開始時と比較すると5.6kg低下し、体脂肪率も約4パーセント低下しました。

筋肉量も少し落ちているのでこれには強化の必要がありますが、体内年齢がぐっと若返りました。

何よりも、ウエストだけでなく体全体が引き締まった印象で、本人も大満足です。

夫はすっかり気分が良くなり、食事面で貢献した私にも大変感謝してくれて、夫婦仲も円満です!

さらに良いことに、ドクターからのお褒めの言葉も頂きました!

夫は過去10年以上も循環器内科で定期的に検査を受けており、血圧を下げる薬を服用しています。

30代の頃、仕事が忙しくて睡眠不足と外食が多かった時期に血圧が高くなってしまい、降圧剤を処方されてきました。

ところが、今回の糖質制限ダイエットとその後の緩やかな糖質制限を意識した食事により、医者から薬をなしで様子を見ることが提案されました。

さらに尿酸値等の他の値も相当改善されているので、この調子で生活を続けるように励まされました。

年を取ると血圧が高くなるのが自然なのかも知れませんが、このようにむしろ血圧が下がる事もあるのだと言う嬉しい体験を夫のお蔭ですることができました。

夫はこれまで履けなくなっていたパンツも全部履けるようになり、今年は夏物のパンツに関しては新しいものは不要となりました。

その分、私の夏のお洋服が買えるようになり私もニコニコです。

糖質制限は考えようによっては結構楽しく実行できます。

お料理のレパートリーの広がり、楽しみが増えます。

後日の投稿で実際に作った糖質制限メニューも公開していきますので、ご参考にしていただければ何よりです。

では、本日も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

\ SNSでシェアしよう! /

The Missing Piece~潜在意識の書換えで思い通りの人生を生きる方法~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The Missing Piece~潜在意識の書換えで思い通りの人生を生きる方法~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

関連記事

  • RAS~脳にある願望実現のツール

  • パッションテスト、願望実現の最初の一歩!あなたの魂が望むパッションは何か?

  • 決意したのに続かない?あなたの決意を邪魔する潜在意識!

  • 一人戦略会議:朝一であなたのRASに目標をインプットし、最高の一日を創造する!

  • 潜在意識を書き換える効果的なアファメーション(瞑想)

  • RASの活用に必要な二つの重大な要素:目標と期限!~まずは目標を設定する!